フローレンス・ナイチンゲール−看護師・准看護師の資格取得・専門学校情報
看護師資格の取り方

フローレンス・ナイチンゲール


フローレンス・ナイチンゲールは近代看護学・衛生理論の確立者の一人と言われています。自分の考えた看護の手法を周りに納得させるために統計を利用したことから、統計学の発展にも寄与しました。

1820年5月、貴族の家庭の次女として生まれたナイチンゲールは、24歳前後から病院で病人やケガ人の世話をするようになりました。30歳前後でドイツの看護学校にて看護理論を学びます。その後のクリミア戦争では看護婦として従軍し、野戦病院の衛生環境の改善に努め、死亡率を数パーセント下げるなどの功績を立てました。

戦争終結後も看護・衛星理論の普及のために活躍し、40歳のときにナイチンゲールの名前を冠した看護学校がロンドンに設立されました。その後も英国看護協会の設立に携わるなど活躍し、1907年には女性としては初めてメリット勲章を授与されました。1910年に90歳で亡くなりました。



医療系資格を取るなら!
今人気の資格講座

就職に有利!医療事務・
介護資格講座の無料資料!

▼シカトル▼
ホームヘルパー2級資格取得


ヘルパー他人気資格
通信・通学講座が充実!

▼Gooスクール▼
資格合格


看護師・准看護師資格取得TOP

Copyright(C) 2010
看護師・准看護師資格取得


[PR] MOS 検定 試験/ 高収入