男性看護師の割合は?−看護師・准看護師の資格取得・専門学校情報
看護師資格の取り方

男性看護師の割合は?


旧来は女性は「看護婦」、男性は「看護士」と呼ばれていましたが現在では女性、男性に関係なく「看護師」と呼称が統一されました。

看護師・准看護師資格取得までのプロセスも男女同じで、担当できる業務内容も男女で同じといえます。厚生労働省発表の資料によれば、平成20年現在、実際に就業している看護師「約88万人」のうち「約4万4800人」が男性看護師で、割合としては「約5.1%」となっています。ただしこの「5.1%」という割合は近年では年々高まっています。平成10年は3.0%、平成12年は3.4%でしたのでそれから見ればだいぶ増加したという印象を持ちます。



医療系資格を取るなら!
今人気の資格講座

就職に有利!医療事務・
介護資格講座の無料資料!

▼シカトル▼
ホームヘルパー2級資格取得


ヘルパー他人気資格
通信・通学講座が充実!

▼Gooスクール▼
資格合格


看護師・准看護師資格取得TOP

Copyright(C) 2010
看護師・准看護師資格取得


[PR] キャッシング申込方法/ プロアクティブ 効果/ モデルのダイエット法/ 登録販売者資格